コカ・コーラの「(^^)」クロスメディア

はてなブックマークに追加する

2007年05月07日 CNET Japan ブログ 渡辺隆広のサーチエンジン情報館

コカ・コーラのCMにて検索ボックスに「(^^)」と入力するよう促すものがありました。(^^)はキーワードなのか、どうしてコカ・コーラと関連性があると判断できるのか不明ですが、Yahoo!で検索すると同社のリンク1件(オーバーチュア・スポンサードサーチ)だけが表示されます。

もっともGoogleやLive Searchで「(^^)」と検索しても検索結果が表示されません(そもそもキーワードとして認識されない)。誘導を促すキーワードとして適切ではないですし、CMと検索でのメッセージが統一されていない等、コミュニケーションプランニングが全然ダメだとは思いますが、それよりも「(^^)」でオーバーチュアに広告が出稿できるんだということに驚きました。

とりあえずCMからWebに誘導しようと十分な狙いや考えもないのに最後に検索ボックス+キーワードを入れたりすることはそろそろやめてほしいものです。だいたい、検索キーワードを提示されようがされまいが、興味を持った消費者は自分で検索行動に移るのですし、何のメッセージをどう伝えるかを考えることが重要です。また、Web、TV CMを分断して考えるのではなくキャンペーン全体を考えましょうよ。

(執筆:株式会社アイレップ SEM総合研究所 渡辺隆広)

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る