検索結果に表示されるサイトリンクのリンク先や、表示される内容が不適切な場合の対処方法はありますか?

はてなブックマークに追加する

2011年07月04日 

今回は、「検索結果に表示されるサイトリンク(Googleの検索結果に追加で表示されるリンク)のリンク先や、表示される内容が不適切な場合の対処方法はありますか」という質問に対して回答致します。

はい。Googleウェブマスターツールを用いて、現在表示されているサイトリンクをブロックすることが可能です。

検索結果に表示されるサイトリンクは、Googleが独自のアルゴリズムによって自動生成しているため、必ずしも意図したリンクが表示されるとは限りません。

自動生成されたサイトリンクの内容が不適切な場合は、Googleウェブマスターツールの「[サイト設定]>[サイトリンク]」のページでブロックできます。ブロック実施後の検索結果への反映は、一般的に1~4週間程度要します。ブロックされたサイトリンクは、90日間検索結果に表示されなくなりますが、Googleウェブマスターツールの「サイトリンク」ページにアクセスすると、ブロック期間が再度90日間延長されます。

注意事項)
サイトリンクが検索結果に表示される条件として、自動生成されたサイトリンクが3個以上必要となります。

このため、Googleウェブマスターツールにてサイトリンクをブロックすることで、利用可能なサイトリンクが2個以下になった場合、検索結果にサイトリンクが表示されなくなります。

※上記内容は、2011年6月時点の情報です。

ページTOPへ戻る

検索結果に表示されるサイトリンクのリンク先や、表示される内容が不適切な場合の対処方法はありますか?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る