広告のリンク先ページが不要にインデックスされている場合の対応は?

はてなブックマークに追加する

2013年04月19日 

今回は、「自然検索結果からの流入を想定していない、広告のリンク先ページであるランディングページが不要にインデックスされてしまっているのですが、どうしたら良いでしょうか?」という質問に対して回答します。

リダイレクト設定が出来ない広告用のランディングページがインデックスされた場合、本来の表示させたいページではなく、広告用のランディングページが上位に表示されてしまう場合があります。そこで、以下に示す対策を行うことにより、広告用のランディングページが検索エンジンから認識されないようにします。

(1) robots metaタグのnoindexを設置して検索エンジンから認識させない。

(2) .htaccessでGooglebotのクロール制御を行う。

通常では、(1)で認識させたくないページのみをnoindex化することを推奨しますが、広告用のランディングページが大量に認識されている場合は、一括して(2)の対応を行う事も可能です。

(2)のクロール制御は、Robots.txtではなく.htaccessファイルで行います。.htaccessファイルに「Options -Indexes」と記述し、該当ディレクトリ内のファイルが閲覧できないようにします。

UserAgentのGooglebotに関しては、googlebot/2.1 (+http://www.google.com/bot.html)からアクセスがあった時にのみ閲覧できないように設定することでGooglebotが該当ページへアクセスできなくなります。

ページTOPへ戻る

広告のリンク先ページが不要にインデックスされている場合の対応は?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る