サイトのリニューアルやサーバーの移転時にチェックしておきたいSEO要件とは

はてなブックマークに追加する

2008年09月19日  Web担当者Forum 正しいSEO相談室

サイト全体の移転やコーナー別の移転、さらにサーバーを移転するようなケースには、さまざまなSEO要件があります。ここで失敗すると、過去の検索エンジンからの評価がゼロに戻る場合があります。過去に積み上げてきた検索エンジンからの評価を失わないために、下記に注意して移転を行ってください。

サイト、コンテンツを移動する場合

サイトの移転やリニューアルで、すでに公開しているページのURLが変更される場合は、301リダイレクトを使用して検索エンジンにURLの変更を伝えるようにしてください。

コンテンツが移動される場合に、「このページは移転しました。新しいページはこちら」という形の告知が行われる場合がありますが、その形では、ユーザーに対して移転を知らせることはできても、検索エンジンは移転を認識できません。検索エンジンにも移転を知らせるための方法として、リダイレクトを行います。リダイレクトを正確に設定することで、検索エンジンが認識するページの価値を新しいページに伝えられるようになり、旧サイトの評価を引き継ぐことができます。

主に使用されるリダイレクトには、「301リダイレクト」と「302リダイレクト」があります。301リダイレクトは永久移転を、302リダイレクトは一時移転を意味します。301リダイレクトは旧URLから新URLに完全に移転したことを示し、302リダイレクトは将来また旧URLに戻る可能性があることを示します。サイト・コンテンツの移転の場合、完全な移転となりますので301リダイレクトを使用するべきです。

どうしても301リダイレクトが行えない場合は、meta要素refreshを使用して、0秒で移動させることで301リダイレクトとほぼ同じ効果を期待することもできますが、SEO観点では可能な限り301リダイレクトを行うことをお勧めします。

参考情報

* Googleウェブマスター向けヘルプ センター サイトの移転に関するヒント
http://www.google.co.jp/support/webmasters/bin/answer.py?answer=83105&topic=8522

* Yahoo!サイト管理者向けヘルプ リダイレクトを設定している場合、どちらのURLがデータベースに登録されますか?
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-21.html

ドメイン名を変更する場合

サイトのリニューアルにあわせてドメイン名を変更する場合には、新しいドメイン名はSEOに不利になる場合があることに注意してください。新しいドメイン名を可能な限り早く検索エンジンにインデックスさせておくことをお勧めします。

IPアドレスが変更される場合

ドメイン名やURLの変更、サイトの移転がなくても、ウェブサイトを公開するサーバーの変更などでIPアドレスが変更される場合には、旧IPアドレスと新IPアドレスを併用する期間を設けるように注意してください。これは検索エンジンがIPアドレスの変更を認識できない危険性があるためです。

新しいIPアドレス(サーバー)上でコンテンツを公開した後、移転先のサイトのサーバーログを確認して、検索エンジンのクローラが訪問していることを確認してから、旧IPアドレスのコンテンツを消去するようにしてください。

同じホスティング会社でサーバーの契約プランを変更する場合などには、併用期間を持つのが困難な場合もあります。併用期間を持たなくても大きな問題となる可能性は非常に小さいとは考えられますが、危険を避けるために可能な限り併用期間を持つ形でのIPアドレス変更をお勧めします。

参考情報

* Googleウェブマスター向けヘルプ センター ホスティング企業やIPアドレスを変更すると、Googleでの表示に影響はありますか
http://www.google.co.jp/support/webmasters/bin/answer.py?answer=34437&topic=8524

IPアドレスが変更される場合の移転作業のまとめ

1. 新しいIPアドレス(サーバー)に旧IPアドレスのコンテンツをコピー
2. 新しいIPアドレスのコンテンツを検索エンジンのクローラが訪問していることを確認
3. 旧IPアドレスのコンテンツを消去する

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る