スマートフォン用サイトにSEOを行いたいのですがどうしたらよいですか?

はてなブックマークに追加する

2012年09月28日 

今回は、「スマートフォン用のサイトを作りました。スマートフォン用サイト向けにSEOを行いたいのですがどうしたらよいですか?」という質問に対して回答します。

スマートフォン用サイトそのものへのSEOは行う必要がありません。

常時携帯するというスマートフォンの特性から、キャリアや位置情報などの条件によって検索結果に微妙な違いが出ることはありますが(例:位置情報に基づいてそのエリアの地図情報が検索結果に出やすくなるなど)、スマートフォンにおける検索結果は基本的にPCにおける検索結果と同じです。(※2012年8月時点)

つまり、PC用サイトでSEOを行っていればその評価がスマートフォン版の検索エンジンにも反映されることになるため、スマートフォン用サイトそのものに対してはSEOが必要なく、むしろPC用サイトのSEOを行うことが重要となります。

ただし、検索経由でアクセスしてきたユーザーをその端末にあわせて適切なフォーマットのサイトに誘導したり、PC用サイトとスマートフォン用サイトが検索結果上で「ケンカ」しないように、インデックスさせるべきURLを決定したりといった対応は必要になります。

この対応方法として、Googleは以下の3つを紹介しています。

(1)レスポンシブウェブデザイン
サーバは常に同じHTMLを返し、画面描画をCSSメディアクエリを用いて制御する。

(2)ダイナミックサービング
ユーザーエージェントに応じて、同一URLで異なるHTMLを返す。

(3)PC用サイトとスマートフォン用サイトを別個運用
それぞれ異なるURLを持たせ、別々に管理する。

(1)または(2)の場合はURLがPC用・スマートフォン用で区別されないため、インデックスさせるべきURLの設定は必要ありません。(2)の場合のみ、デバイスに応じた適切なサイトが表示されるようにユーザーエージェントの端末判別によってアクセスを振り分け(※1)、スマートフォンからのアクセスはスマートフォン向けサイトに誘導する必要があります。

(3)の場合は、PC用とスマートフォンでURLが異なるので、同じ情報を有するコンテンツが複数存在することになります。この場合重複コンテンツとみなされる可能性があるため、PC用サイトとスマートフォンサイトの関係性を明示し、インデックスさせるURLを決定する必要があります。スマートフォン用サイトからPC用サイトに対してrel="canonical"(※2)、PC用サイトからスマートフォン用サイトに対してrel="alternate"を設定することで、PC用サイトとスマートフォン用サイトがひとつのエンティティとして処理されます。また、(2)と同様にユーザーエージェントの端末判別によって適したサイトに誘導することも必要になります。

※1
【FAQ】ユーザーエージェントによるスマートフォンの端末判別方法について
http://www.alphaseo.jp/seo-faq/mobile/110617_200517.html

※2
【用語集】canonical
http://www.alphaseo.jp/seo-glossary/alphameric/090917_144519.html

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る