構造化データを実装することによるSEOのメリットはありますか?

はてなブックマークに追加する

2017年11月14日 

検索順位に好影響をもたらすというメリットはありませんが、テキスト以外の情報がリッチスニペットとして表示されることで、検索結果画面で多くの情報が伝えられるようになり、その結果検索体験の向上につながる可能性がある、というメリットがあります。

実装により影響を受けるのは大きく分けて下記の2点です。

  1. 検索エンジンが情報を理解しやすくなる
  2. 検索結果画面がリッチになる可能性がある

例えば、リッチスニペットの表示例には以下のようなものがあります。

  • ・レビュー機能を持つページでReviewプロパティをマークアップしておくと、検索結果画面で評価点が表示される
  • ・レシピページでRecipeプロパティをマークアップしておくと、検索結果画面で料理の画像が表示される

構造化データを実装したからといって必ずしも恩恵を受けられるとは限りません。しかし、Google がリッチスニペットをサポートしているコンテンツを保有するサイトのウェブマスターは、検索結果画面上でユーザーの目を引く可能性を広げるという意味で、構造化データの実装を検討するとよいでしょう。

ページTOPへ戻る

構造化データを実装することによるSEOのメリットはありますか?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る