検索キーワードの表記ゆれを見越してSEOをするのに、有効な施策はないでしょうか?

はてなブックマークに追加する

2008年09月04日  Web担当者Forum 正しいSEO相談室

表記ゆれキーワードからより多くの集客を行うためには、いくつかの方法があります。

まず、表記ゆれキーワードをページ内に記載する事が基本的な施策となりますが、ブランディング上、誤った表記をページ上に表記できない場合もあるでしょう。その場合、Yahoo!検索ではHTMLのmeta要素、keywordsに表記ゆれキーワードも記載することで、ページ上のテキストコンテンツには記載せずとも対応できる場合があります。この方法は、ブランド指名での表記ミス(“アイレップ”と“あいれっぷ”)など、ネット上に競合がほとんど存在しないキーワードでしか対応は難しいでしょうが、状況によっては非常に簡単に、かつ大きな効果につなげられる場合もあります。

表記ゆれキーワードそれぞれに競合が存在する場合(“ゴールデンウィーク”と“GW”など)では、それぞれのキーワードの対策を行う必要があります。キーワードによっては、まったく異なるキーワードとしての対策が必要な場合もありますが、その施策が費用対効果に結びつくのか、他のキーワードで対策すべきではないのかという検討が必要でしょう。

ページTOPへ戻る

検索キーワードの表記ゆれを見越してSEOをするのに、有効な施策はないでしょうか?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る