ページの更新頻度はPageRankや検索順位の上昇に影響する?

はてなブックマークに追加する

2006年12月28日 Web担当者Forum掲載

[質問]ページの更新頻度はPageRankや検索順位の上昇に影響しますか?

まず、PageRankはウェブページに張られたリンクを基準にページの重要度を判断する指標であり、ウェブページの更新を頻繁にしたからといってPageRankが上昇することはありません。

次に、更新頻度と検索順位の関係ですが、同様に関係ありません。「ブースティング(boosting)」という、新規に作成したページが検索上位に表示される現象はあります。しかしブースティングはそもそもサイト自体の検索エンジンによる評価が一定以上ある場合であり、よく更新しているから上位に表示されるわけではありません。つまり、評価が低いサイトはどんなに更新をしても決して上位に表示されませんし、逆に評価が一定以上のレベルに達したサイトであれば更新頻度は低くても更新した際には上位に表示されやすいわけです。

更新頻度が好影響を及ぼす根拠としてGoogleの特許情報をあげる人もいますが、特許というのは防衛特許や参入障壁の構築などマーケットを守るために取得しているケースも多く、特許が取得されているからといってそれが検索エンジンに実装されているとは限りません。検索技術の理論上、その特許を採用することの合理性が十分に証明されていると判断できない限り、実際に実装されていることはまずありません。

ページTOPへ戻る

ページの更新頻度はPageRankや検索順位の上昇に影響する?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る