検索した時にヒットする件数が多いキーワードほどSEOが難しいというのは本当ですか?

はてなブックマークに追加する

2007年10月01日  Web担当者Forum 正しいSEO相談室

検索結果のヒット件数とSEOの難易度はまったく関係がありません。たとえば、Yahoo!で1万件ヒットするキーワードよりも、1,000万件ヒットするキーワードの方がSEOが難しいわけではありません。

検索結果のヒット件数とSEOの難易度が比例関係になるためには、「すべてのページが等しくSEOを実施している」という前提条 件が成立しなければいけません。しかし現実には、すべてのウェブサイト(ページ)がSEOをしているわけでもなければ、同じ手法を用いているわけでもなく、さらに言えば1万件ヒットしてもそのうち9,950ページはSEOも何も考えていないケースがほとんどでしょう。したがって検索結果のヒット件数は SEOの難易度を表していません。

SEOの難易度は、対象キーワードに対してどれだけ多くのサイトが意識的にSEOを実施しているかによって決定します。検索結果のヒット件数が 1,000件に満たなくても、それが商業的に魅力的なキーワードであれば、みんながそのキーワードでの最適化を施すのでSEOでランキング上位に表示する のは難しくなってきます。

ページTOPへ戻る

検索した時にヒットする件数が多いキーワードほどSEOが難しいというのは本当ですか?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る