バックリンク調査ツールによって表示する数値が異なるのは何故ですか?

はてなブックマークに追加する

2011年05月09日 

検索エンジン対策の事前調査の過程で、自分や他社のサイトへどのようにリンクが張られているかを調査したいことがあるでしょう。手作業で1つ1つ調べるのは大変ですが、便利なことにオンライン上には様々なサイトが無料の調査ツールを提供しています。

しかし、実は同じサイトを調べても、ツールによって異なるデータを表示することが頻繁にあります。この原因はどこにあるのか?というのが今回の質問です。

異なるデータが表示される理由は、調査時のデータ取得条件がツールによって異なる点にあります。具体的には、次のような点でツールにより仕様が異なります。

1. 対象検索エンジンの数
あるツールはGoogleのみを調査対象としていますが、別のツールはBingを使っている場合があります。あるいは Google と Bing の両方のデータを合算しているツールもあります。

2. 調査に用いる検索式の違い
一般的にバックリンクを調査する時は link: という検索式が使われます。しかし、サイトのトップページを対象に調査する場合と、当該ドメインのいずれかのページに張られている全てのバックリンクを調査する場合とでデータは異なってきます。また、link: を使わない形で調査用の検索クエリを検索サーバに送信していることもあります。

3. 情報取得件数の違い
長時間、連続して検索エンジンにクエリを送信すると、一時的にアクセスが遮断されることがあります。また、サーバの負荷も高くなりますので、調査時にあらかじめデータの取得件数を制限していることがあります。たとえば、あるサイトに対して、最大500件のバックリンクしか調査しないツールもあれば、同制限を100と設けているツールもあります。

このように、類似ツールでも調査方法や仕様が異なりますので、ご自身が使っているツールがどういった仕様になっているかを確認して下さい。

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る