ECサイトでサイズ・色違いの商品がある場合、商品ページでの注意点はありますか?

はてなブックマークに追加する

2019年03月04日 

Q

ECサイトでサイズ・色違いの商品がある場合、商品ページでの注意点はありますか?

A

今回は、「ECサイトでサイズ・色違いの商品がある場合、商品ページでの注意点はありますか?」という質問に対して回答します。

サイズ・色・内容量が異なるだけの同じ商品が存在する場合、 ほとんど同じ内容が記述された商品ページが複数作成され、重複コンテンツとみなされる恐れがあります。 重複コンテンツの問題を回避する対応方法は主に以下3つが考えられます。

① 1つのページで展開

同一ページ内でバリエーション(サイズ・色・内容量など)を指定出来るページを作成します。 1ページですべての商品を管理するため、重複コンテンツが発生する心配がありません。 特に、検索クエリに特定バリエーション(サイズ・色など)が明示されない商品の場合は、原則1ページでの展開が望ましいです。

② 個別ページで展開

サイズ・色・内容量ごとに個別のページを作成します。 各バリエーションに特化した商品情報を展開できることがメリットです。 一方で、ページ内容が重複しないように各ページにユニークなコンテンツを用意する必要があります。 サイズ違い、色違い程度の記述の違いは、重複コンテンツとみなされる可能性があります。

③ 個別ページで展開かつ代表URLに正規化

サイズ・色・内容量ごとに個別のページを作成し、そのうちの1つに対して正規化を行います。 1つの色やサイズに人気が偏る商品の場合に有効な方法となります。 ただし、代表商品以外の商品を求めるユーザーにとっては、 検索結果上に意図した条件のページが表示されないため、ネガティブに作用する懸念があります。

ページTOPへ戻る

ECサイトでサイズ・色違いの商品がある場合、商品ページでの注意点はありますか?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る