管理サイトの相互リンク比率が高いと、リンクファームとしてペナルティを受けてしまう?

はてなブックマークに追加する

2007年08月03日  Web担当者Forum 正しいSEO相談室

(1)作成・管理しているサイト間同士の相互リンク比率が高い場合、リンクファームとしてペナルティを受ける可能性はあるのでしょうか?

リンクファームとは、検索ランキングを操作することのみを目的に、多数のウェブサイトを相互にリンクする行為を指します。ここでいうウェブサイトの所有者は、不特定多数であるか同一人物であるか問いません。

代表的な手法は数千単位のドメイン名を取得し、ウェブサイトを開設して相互にリンクさせる、あるいは相互リンクという名目で不特定多数のユーザーを参加させ、相互にリンクさせる方法があります。いずれも超大規模なもの、悪質なものになると検索エンジンからスパムと判定され、インデックスから除外され ます。スパムと判定されるための閾値は明確にされていませんが、こうした行為がスパムであることを認識し、規模を問わず行うべきではありません。

ただし、 テーマが無関係な不特定多数のサイトを相互にリンクし合うこと自体が悪いわけではありません。 大企業になれば、事業部や商品ラインごとに独自ドメインのウェブサイトを開設することもありますし、多数のメディアを持つ企業もあるでしょう。

たとえば、 価格.com 楽天市場 はフッター部分にグループ企業へのリンクを多数並べていますが、 グループ企業間で相互にリンクを張り合うことはウェブ上の経済活動において当然発生しうることです。検索会社はある事象について、客観的に合理性を欠くと いう判断ができない限り、対象サイトを不利に取り扱うことは基本的にありません。従って、(1)の質問に対する回答としては、「各々のサイトが独自にコンテンツを持ち、ユーザーのためになる情報を提供しているのであれば、相互にリンクをしていても問題になることはない」となります。

(2)リンク集ページでの相互リンクが、どこまで効果を期待できるのでしょうか?

サイト内の全ページでリンクを張っていたとしても、そのすべてが適正に評価されるかどうかは別問題です。たとえば、100万ページあるサイトが、そ の全ページのフッターやサイドメニュー部分にあるサイトへのリンクを張ったからといって、100万個分のリンクとして評価するわけではありません。フッター、ヘッダー、サイド部分など複数ページにわたり同じリンクが貼り付けられている場合、それらは重複としてリンクの評価は下げられます(マイナスになるのではないので注意。もともと10点のところを4点、といった具合に点数を下げるという意味)。張らないより張ったほうがマシであることには変わりありません。

2つ目の質問については、相互リンクページでいくつのリンクを、どのような切り口で紹介しているかによります。テーマを統一して、合理的な範囲の数 のリンクを紹介しているのであれば、それなりに評価されます。2000年代前半に流行していたような、1ページ上に不特定多数のサイトを数百単位でリンク を並べるだけのページにしないように注意してください。

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る