私の会社は中国に支社があり、日本語版と中国語版のコンテンツを用意しています。双方のコンテンツの内容は同一です。これは重複コンテンツに該当するのでしょうか?

はてなブックマークに追加する

2009年09月24日 

異なる言語で記述されているコンテンツの場合、重複コンテンツには該当しません。

一般に重複コンテンツとは、同一コンテンツが複数のURLに存在する状態を指しますが、Googleは「異なる言語で記述されたコンテンツは、重複コンテンツと見なさない」との見解を公式ブログで示しています。

ただし、サイト利用者や検索エンジンが混乱してしまうため、各ページに異なる言語を混合して記述することは避け、同一言語でナビゲーションやコンテンツを保持することを推奨するとの見解も、同一ブログ内で示しています。

なお、検索エンジンは、HTMLソースのヘッダ情報や各国のトップレベルドメイン(TLD)、被リンクの地域や言語など、さまざまな要素を組み合わせてWebサイトの地域や言語を判断する仕組みを持っています。

<Google Webmaster Central Blog(英語)>
“How to start a multilingual site”
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2008/08/how-to-start-multilingual-site.html

ページTOPへ戻る

私の会社は中国に支社があり、日本語版と中国語版のコンテンツを用意しています。双方のコンテンツの内容は同一です。これは重複コンテンツに該当するのでしょうか?を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る