エイジングフィルタ

はてなブックマークに追加する

2010年01月20日 

エイジングフィルタ(Aging filter)とは、Googleに初めて認識(クロール及びインデックス)されてから一定期間(3~6ヶ月)を経過していないドメインが、検索結果の上位に表示されにくい現象を指す。この現象に相当するアルゴリズムが存在することは、Googleエンジニアも認めているが、詳細は明らかになっていない。

近年、安価に取得可能となったドメインを大量取得して、リンクを操作しようとするウェブスパマーは増加傾向にある。サイトの信頼性を評価する評価期間(サンドボックス)を設けることにより、不正なSEOを排除していると考えられる。

新規にサイトを立ち上げ、かつ検索エンジンからの流入を重視する計画があるならば、このエイジングフィルタの存在を考慮し、ウェブサイト開設の半年以上前からドメインを取得しておく等対策を練る必要がある。

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る