ページネーション

はてなブックマークに追加する

2018年10月18日 

ページネーションは、1ページに掲載すると長くなるコンテンツを複数ページに分割し、各ページを関連する一連のコンテンツとしてマークアップすることを指す。

ページネーションを正しく設置することで、リンクなどインデックスに関連するページ評価要素をグループ化させる効果、ユーザーを検索キーワードと関連性の高いページ(通常は1ページ目)へ送る効果が期待される。

2018年10月現在、Googleが推奨する実装方法は下記の2パターンとなっている。

1.コンテンツを構成する各 URL の関係を示すおよびタグを使用する。

<例>下記3つのURLで構成されるコンテンツの場合
(A)example.com/article/page1
(B)example.com/article/page2
(C)example.com/article/page3

<実装方法>
(A)には、<link rel="next" href="example.com/article/page2">
(B)には、<link rel="prev" href="example.com/article/page1">と
<link rel="next" href="example.com/article/page3">
(C)には、<link rel="prev" href="example.com/article/page3">
をそれぞれ記述する。

2.コンテンツ全体を1ページにまとめたページへの<rel=canonical>リンクを各分割ページに指定する

<例>下記3つのURLで構成されるコンテンツの場合
(A)example.com/article/page1
(B)example.com/article/page2
(C)example.com/article/page3
※(A)(B)(C)のコンテンツをまとめたページを、example.com/article/allとする

<実装方法>
(A)(B)(C)それぞれに<link rel="canonical" href="example.com/article/all">を記述する

ページTOPへ戻る

ページネーションを読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る