構造化データ

はてなブックマークに追加する

2014年01月06日 

構造化データとは、ページの情報やデータを一定の規則(構造)に従って記述し、それらのデータに意味を付加することである。構造化データを適用することにより、インターネット上の情報を単なるデータの集合から知識のデータベースに進化させることが可能となる。

Google は「schema.org」、「Microformats」、「Microdata」、「RDFa」、「データ ハイライターでタグ付けしたデータ」の5種類の構造化データを認識することができる。

構造化データの利用例として「リッチス二ペット」が挙げられ、Google がページ上の構造化データを認識すると検索結果にクチコミの評価や件数、平均的な価格帯等を表示することができる。Google が構造化データを検出しているか、狙い通りに検索結果に表示されているかは、Google ウェブマスターツールのダッシュボードから「検索のデザイン>構造化データ>リッチスニペットプレビュー」で確認することができる。

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る