虫眼鏡SEO

はてなブックマークに追加する

2011年02月02日 

虫眼鏡SEOとは、Yahoo!検索の自然検索結果画面上部及び下部に表示される関連キーワードの欄に、意図的に特定のキーワードを出現させることを請け負うサービスの通称。同欄は虫眼鏡のアイコンを伴っていることから、こうした名前がつけられた。

虫眼鏡SEOを提供する業者は、クライアントの要望を受けて、数営業日程度で意図したキーワードを表示する作業を実施する。一般的には次に示すように、ブランド名称と組み合わせたキーワードを出現させるよう試みる。

・キーワード入力補助に自社名を伴うキーワードが候補キーワードとして表示されるようにする
・関連検索ワードに自社サイトが自然検索を独占しているユニークな検索キーワードが表示されるようにする

上記サービスは、各依頼者のWebサイトへのアクセス増加や認知度上昇を謳って、一部の業者から有償で提供されている。しかし、キーワード入力補助や関連検索ワードは、ユーザの検索行動支援を目的として提供されている機能であり、この箇所に表示されるキーワードを人為的に操作(自動・機械的な手法や、不特定多数の集団の誘導によって操作)することは、検索エンジンにとって明白なスパム行為である。

2010年12月10日に、Yahoo!検索スタッフブログにおいても「Yahoo!検索の品質向上に対する取り組み」と題し、Yahoo!検索の「キーワード入力補助」や「関連検索ワード」を操作する意図的な行為は、ユーザの検索満足度を低下させる「スパム行為」として明示されている。また、実際にスパム行為を行っている業者だけでなく、各サイト(依頼者側)に対しても、何らかの措置を検討する場合がある旨を説明し、注意喚起が行われている。

ページTOPへ戻る

ページTOPへ戻る