RankBrain(ランクブレイン)

はてなブックマークに追加する

2016年08月16日 

RankBrain とはGoogle が検索クエリに潜むユーザーインテント(ユーザーが本当に知りたい情報)に対して、人工知能(AI)を用いて適切なコンテンツを検索結果に表示させる、2015年頃から導入されているランキングアルゴリズムの1要素のこと。

例えば、Google で「名古屋のプロ野球」と検索すると「中日ドラゴンズ 公式サイト」が表示されるが、これはGoogle が「名古屋のプロ野球」というキーワードを検索しているユーザーは「中日ドラゴンズの情報」を探していると理解し、キーワードが入っていなくとも上位表示することができる。

このRankBrain の主な特徴は以下である。

  • ・コンテンツにキーワードが入っていなくとも、キーワードに対して有益なコンテンツであれば検索結果に表示させる。
  • ・特に検索数が少ないロングテールの検索クエリや、一度も検索されたことがないクエリに対して優れている。それまでのGoogle はユーザーがどのような情報を求めているのか理解が及ばないこともあったが、RankBrain の導入によりユーザーが真に求めているコンテンツが何であるのかを理解し、最適な検索結果を表示させることができるようになった。
  • ・米Google のGreg Corrado氏は、数多あるアルゴリズムの中でRankBrain は3番目に重要なランキングアルゴリズムであると示唆した。

しかし、RankBrain への対策について、新たに取り組むべき事項はない。

これまで通り、Webページを通じて、ユーザーにとって有益な情報(コンテンツ)を提供し続けることが求められる。

ページTOPへ戻る

RankBrain(ランクブレイン)を読んだ方におすすめの記事

ページTOPへ戻る